1. ホーム
  2. 転職全般
  3. ≫転職に成功するためには?企業側はどのように転職希望者を見ている?

転職に成功するためには?企業側はどのように転職希望者を見ている?

ある程度経験とスキルを積んだ上で、その経験を活かしつつ新たなスキルを求めて別の職場に行くという前向きな転職が理想的なのですが、残念ながら今日の社会ではそういう前向きな人の方が少ない傾向にあります。特に20代・30代の若い世代での転職率が高く、ほとんどが職場への不満が理由で退職する人が圧倒的に多いです。そのため企業側としても転職者というのはあまりイメージが良くないのです。
しかし、離職率・定着率が低い今日では、企業側としてはなるべく早く即戦力になる人が欲しいのです。その反面「すぐ辞められてしまうのでは」という心配から慎重に選考を行います。そのため応募者も慎重に採用試験に挑む必要があります。
まずは書類選考対策です。ここでは自分のスキルや経験をストレートに伝えることができます。しかし下手に嘘を書いたりしてしまうと矛盾が生じる場合があるので注意が必要です。自分の強みをどれだけ次の仕事に活かせるのかをしっかりアピールしましょう。次に面接対策です。面接は第一印象で決まると言われています。自己アピールなど様々な質問に的確に答えることも大切なのですが、ある程度のことは書類を見れば分かるため、採用担当者は内容をそこまで重視していません。その人の話口調や表情の動きなどを見て、コミュニケーション能力などを試しています。また直接会わないと分からないその人の身だしなみや社風に合っているかどうかなどの適正も見ます。
採用試験を受ける以上、その企業についてしっかり下調べをする必要があります。給与や休暇などの条件面だけではなく、その企業がどんな人材を求めているのかを把握しておかなければどこかで矛盾が生じる場合があります。書類を書く際も、面接前もしっかり練習をすることが大切です。また一度仕事を退職すると、自分に自信をなくしてしまう人もたくさんいます。気持ちを切り替えて、新卒の人にはない自分の強みをアピールできるよう自己分析をしっかり行いましょう。