1. ホーム
  2. エンジニア転職
  3. ≫エンジニアのキャリアアップは転職?それとも独立?

エンジニアのキャリアアップは転職?それとも独立?

近年、特にIT業界が非常に目覚ましい発展を見せている状況で、それに関する様々な仕事が人気です。また、「プロゲーマー」などと言われる新しい仕事が登場するなどの変化も起きています。
さて、IT業界を支える仕事としてはプログラマー・SE・デザイナーなどの種類があります。いわゆる「エンジニア」と呼ばれるジャンルの仕事をしている人が数々の努力をしているからこそ、現在の様なIT業界の発展があり得た訳です。一時期はスポーツ選手などが将来のなりたい職業の筆頭でしたが、最近ではエンジニアを目指す人の数が大幅に増えてきています。
しかし、エンジニアとして働く方法には2つの種類があります。一般的な会社員同様に企業に雇用されて働く方法もありますが、フリーランスとして独立して働く方法もあります。どちらの方が良いという比較を一概に行うことは出来ませんが、一生をエンジニアとして生きていくつもりであれば「転職してキャリアアップを目指すのか、フリーランスとして起業するのか」はしっかりと考えておく必要があります。
企業に属していれば生活は安定しやすくなります。少なくとも雇用されている間は一定の給料を貰うことが出来ますし、その金額も年々増えていくのは通常です。また、年に数回程度ボーナスが支給されることも普通なので、人によっては年収1000万円を超える収入を得ている人も居ます。
これに対してフリーランスの場合、収入面での安定性は極端に悪化してしまいます。その場にいて割り当てられた仕事をこなしていれば一定の給料が支払われると言うことではなく、自分が欲しい収入を得られるだけの仕事をこなしていく必要があります。企業に属している時と同程度の仕事量では収入が半減してしまう可能性もありますし、何よりも仕事を見つける為の努力をする必要があります。
非常に大変な生活を送らざるを得ない状況に陥ることも少なくありませんが、企業に属している時の数倍~数十倍の収入を得られる可能性もあります。何を重視するのかによって選択比率は変わってきますが、色々な方法・可能性を知ったうえで決めることが大切です。