エンジニアのキャリアアップは転職?それとも独立?

近年、特にIT業界が非常に目覚ましい発展を見せている状況で、それに関する様々な仕事が人気です。また、「プロゲーマー」などと言われる新しい仕事が登場するなどの変化も起きています。
さて、IT業界を支える仕事としてはプログラマー・SE・デザイナーなどの種類があります。いわゆる「エンジニア」と呼ばれるジャンルの仕事をしている人が数々の努力をしているからこそ、現在の様なIT業界の発展があり得た訳です。一時期はスポーツ選手などが将来のなりたい職業の筆頭でしたが、最近ではエンジニアを目指す人の数が大幅に増えてきています。
しかし、エンジニアとして働く方法には2つの種類があります。一般的な会社員同様に企業に雇用されて働く方法もありますが、フリーランスとして独立して働く方法もあります。どちらの方が良いという比較を一概に行うことは出来ませんが、一生をエンジニアとして生きていくつもりであれば「転職してキャリアアップを目指すのか、フリーランスとして起業するのか」はしっかりと考えておく必要があります。
企業に属していれば生活は安定しやすくなります。少なくとも雇用されている間は一定の給料を貰うことが出来ますし、その金額も年々増えていくのは通常です。また、年に数回程度ボーナスが支給されることも普通なので、人によっては年収1000万円を超える収入を得ている人も居ます。
これに対してフリーランスの場合、収入面での安定性は極端に悪化してしまいます。その場にいて割り当てられた仕事をこなしていれば一定の給料が支払われると言うことではなく、自分が欲しい収入を得られるだけの仕事をこなしていく必要があります。企業に属している時と同程度の仕事量では収入が半減してしまう可能性もありますし、何よりも仕事を見つける為の努力をする必要があります。
非常に大変な生活を送らざるを得ない状況に陥ることも少なくありませんが、企業に属している時の数倍~数十倍の収入を得られる可能性もあります。何を重視するのかによって選択比率は変わってきますが、色々な方法・可能性を知ったうえで決めることが大切です。

エンジニアに転職する時に覚えておきたい事をまとめてみます

例えば、営業から営業に転職する場合、仮に職種が大幅に変わってしまったとしても、基本的なスキルは共通する部分が沢山あります。それぞれの職種ごとにアピールするべきポイント、それを効率良くアピールする為の基礎知識などを身に着ける必要はもちろんありますが、「何を・どうアピールすれば効果的なのか、どういったプロセスで組み立てていけば良いのか」と言うスキルは共通しています。
エンジニアの転職時も同じで、ほとんど似たような環境への転職であればそれほど構えなくても大丈夫です。ただ、「初めてエンジニアとして働く」と言う人などは、必要最低限度の準備はしておいた方が賢明です。全く準備をしなかったからと言って大きな問題になる訳ではありませんが、効率良くキャリアアップしていくことを目指すのであれば必須と考えておいた方が良いでしょう。
また、最近では「フリーランス」と言う働き方も非常に人気があります。企業に属している状況と比べると安定性は圧倒的に劣ってしまうものの、ビジネスが成功した時の見返りは段違いです。特に最近では「個人レベル(趣味など)でもプロ並みの知識やスキルを持っている人」が大勢います。専門職でなければ知り得ない知識や出来ない経験はもちろんありますが、ある程度はネットで検索していくことで情報としては手に入れることが可能です。
その為、非常に高度な知識・スキルを身に着けている人が少なくない為、そういった人がアマチュアの延長線上でエンジニアとして仕事を得ることも可能です。と言っても、急に素人が企業を相手に仕事を受注できることはまずありえない為、何らかの方法でパイプを作る必要があります。
その時に便利な方法が「クラウドソーシング」です。クラウドソーシングを利用することで日本中・世界中のクライアントとつながることができ、様々な仕事に触れる機会を得られます。企業エンジニア一生を過ごすよりもフリーランスとして働いた方が大きなリターンが期待できる以上、どこかでは選択肢として考えておいた方が良いでしょう。

エンジニアの転職で考えておくこと。処遇を改善してもらうためには?

エンジニアが転職を考える理由は幾つかあります。新しいテーマへのチャレンジ、待遇の改善が主要なものです。一つの会社で働き続けているとその会社の方向性と自分のキャリアアップの方向性が合わなくなる時が来ます。管理職への登用もマネージメントを目指す人なら望ましいステップの一つですが、現場から離れることになり、エンジニアのスキルアップには必ずしもつながりません。この時、転職が解決策として出てきます。このレベルでは自分の領域で、ある程度の経験を積み、それなりの結果を出しており、業界にも知り合いが増えていると思われるので、転職もそれほど困難ではありません。只、エンジニアの世界は進歩が速いので、エンジニアとして働き続けるにはかなりの自己啓発が必要です。転職する際には相手の会社がどのようなスキルを求めているか、なぜそのスキルを求めているのか、十分に確認することが必要です。前任者が退職したためにその補充として求人しているなら、同じような仕事のレベルになる事が多いので、スキルアップにつながらない事があります。一方でエンジニアと言うよりむしろ管理職としての働き方を考えなければいけない場合もあります。今働いている会社が管理職への道を用意してくれるのなら、それを受け入れることも良いのですが、そうでなければ転職することになります。管理職として転職すると、大概の場合、良い待遇が用意されます。只、管理職と言った場合、結果を出す事が求められますので、エンジニアの時とは異なったプレッシャーに曝されます。異なった文化の下で、見知らぬ部下と共に結果を出さねばなりません。会社側も、管理職としてのスキルを期待しているので、与えられる期間は短いのが普通です。結果を出せなかった場合には、残念ながら退社に追い込まれることも稀ではありません。これら以外の道としては技術を後進に教える指導者としての道もあります。この場合は待遇が改善されることは稀です。自分が何を求めて転職するのか、転職前に十分考えてから、決断する必要があります。

転職に成功するためには?企業側はどのように転職希望者を見ている?

ある程度経験とスキルを積んだ上で、その経験を活かしつつ新たなスキルを求めて別の職場に行くという前向きな転職が理想的なのですが、残念ながら今日の社会ではそういう前向きな人の方が少ない傾向にあります。特に20代・30代の若い世代での転職率が高く、ほとんどが職場への不満が理由で退職する人が圧倒的に多いです。そのため企業側としても転職者というのはあまりイメージが良くないのです。
しかし、離職率・定着率が低い今日では、企業側としてはなるべく早く即戦力になる人が欲しいのです。その反面「すぐ辞められてしまうのでは」という心配から慎重に選考を行います。そのため応募者も慎重に採用試験に挑む必要があります。
まずは書類選考対策です。ここでは自分のスキルや経験をストレートに伝えることができます。しかし下手に嘘を書いたりしてしまうと矛盾が生じる場合があるので注意が必要です。自分の強みをどれだけ次の仕事に活かせるのかをしっかりアピールしましょう。次に面接対策です。面接は第一印象で決まると言われています。自己アピールなど様々な質問に的確に答えることも大切なのですが、ある程度のことは書類を見れば分かるため、採用担当者は内容をそこまで重視していません。その人の話口調や表情の動きなどを見て、コミュニケーション能力などを試しています。また直接会わないと分からないその人の身だしなみや社風に合っているかどうかなどの適正も見ます。
採用試験を受ける以上、その企業についてしっかり下調べをする必要があります。給与や休暇などの条件面だけではなく、その企業がどんな人材を求めているのかを把握しておかなければどこかで矛盾が生じる場合があります。書類を書く際も、面接前もしっかり練習をすることが大切です。また一度仕事を退職すると、自分に自信をなくしてしまう人もたくさんいます。気持ちを切り替えて、新卒の人にはない自分の強みをアピールできるよう自己分析をしっかり行いましょう。

転職における心構えとは?キャリアプランの考え方

転職を考える上で必要なのは、キャリアプランをどのように考えるかです。これまでの経験をどのように活かすのかを考えるわけですが、同じ業種の中で転職するのか、それとも他の業種へ移るのかも思案のしどころです。というのも、業界によっては市場規模が縮小するところもあるからです。将来性を踏まえて、場合によっては全くの異業種への転職も考える必要が生じることがあります。その際に、いかに自分のこれまでのキャリアを活かせるのかを考えることが必要です。同じ職種であれば、そのまま同じような業務に就くことができます。けれどもそうでなければ、何を強みとするのかを考えることが必要となります。そのために役に立つのは、転職のためのエージェントです。これは企業と人材とのマッチングを行うものですが、キャリアの棚卸しの手伝いもしてくれます。これまで携わってきた業務から得たスキルにはどのようなものがあるのか、何をアピールできるのかを抽出してくれるわけです。その上で、それを活かせる業種を紹介してくれます。自分で仕事を探すとなると、どうしても得手不得手を意識することからバイアスがかかるものです。けれども転職エージェントを活用することによって、思いもかけないような会社を紹介されることもあります。例えばそれまでは営業職には全く興味を持っていなくても、実はそのために必要なスキルを持っているからですことがわかることがあります。自分自身が意識していないスキルを活かせる仕事を探してくれるわけです。また自分自身でもこれまでの経験から、どんな強みを持つようになったのかを振り返る作業も必要です。さらにこれからどのような技能を身につけたいのかを考えることも大事です。それによって、今後のキャリアプランを練ることもできます。そしてたとえ転職の理由がどうであっても、収入を大きく増やすことも可能となります。これまでに得てきた経験を無駄にしないことが大切です。